2010年03月12日

将棋史上2人目の1000敗、有吉九段(読売新聞)

 引退が決まっている将棋の現役最年長棋士、有吉道夫九段(74)が9日、大阪市の関西将棋会館で行われた第68期名人戦の予選・順位戦C級2組の10回戦で村中秀史六段(28)に敗れ、通算1000敗を記録した。

 加藤一二三・九段(70)に次いで史上2人目。

 1000敗も一流の証しとされている。勝ち数は1086。対局後、有吉九段は「1000敗はあまり名誉なこととは思わないが、長く指してきたと実感している」と話した。

日弁連会長選・初の再投票、法曹人口争点に(読売新聞)
<茨城空港>採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)
蓮池薫さん、新潟大の博士前期課程に合格(読売新聞)
京都府警 世界遺産周辺の組事務所開設厳禁 条例を提案へ(毎日新聞)
小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案−研究班(時事通信)
posted by qgbqvajr30 at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。